46人に聞いた!マッチングアプリのトラブル、男性の1位は「詐欺写メ」女性1位は?怖い事件も紹介

マッチングアプリ 怖い事件 トラブル

マッチングアプリをやりたいけど、トラブルに遭わないだろうか…
どんな事件に遭った人がいるんだろう。

マッチングアプリに興味があるけど、いまひとつ勇気が出ず始められない男女は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、マッチングアプリ経験者の男女48人(2人追加しました)に、アプリで怖い目に遭った事件・トラブルの体験談をインタビューしました。

結論から言うと、男女それぞれで多かった事件・トラブルは次の通り。

男性が遭ったトラブル(多い順)

  • 1位:詐欺写メ(写真詐欺)
  • 同率2位:すっぽかし、ドタキャン
  • 同率2位:ネットワークビジネスや投資詐欺の勧誘
  • 同率2位:年齢詐称

マッチングアプリでトラブル・事件に遭遇した男性19人に調査

マッチングアプリ トラブル 男

女性が遭ったトラブル(多い順)

  • 1位:ヤリモク
  • 2位:恋人や配偶者の有無の詐称
  • 3位:ネットワークビジネスや投資詐欺への勧誘

マッチングアプリでトラブル・事件に遭遇した女性28人に調査

マッチングアプリ トラブル 女

以下では、それぞれの詳しい体験談や、これら以外の事件・トラブルを詳しく書いていきます。これからマッチングアプリを試そうとしている方は参考にしてみてください。

マッチングアプリの事件・怖いトラブル一覧

マッチングアプリを使用してトラブルや怖い事件に遭遇した男女48人の話を聞いたところ、挙がった話の一覧は次のような結果となりました。

トラブル、怖い事件の一覧

  • プロフ写真に詐欺写メを使用された
  • 恋活・婚活ではなく性行為を目的としていた
  • ネットワークビジネスや投資詐欺への勧誘
  • 待ち合わせの約束すっぽかし・ドタキャン
  • 恋人や配偶者の有無の詐称
  • 年齢詐称
  • 職業・役職詐称
  • ストーカーや、ストーカーまがいの行為
  • 暴力・暴言・押し付け
  • 体型詐称
  • 金銭の要求、恐喝
  • 金品や現金の盗難・窃盗
  • 他人へのなりすまし
  • 知人と知らぬ間にマッチング
  • 共通の知人に出会ってしまった
  • 詐欺サイトへの誘導
  • 性病に感染

次章の「マッチングアプリのトラブル・怖い事件」ではこの順に体験談を紹介しています。

マッチングアプリで遭遇したトラブル・怖い事件の体験談

マッチングアプリのトラブル、怖い事件の体験談をカテゴリー別に紹介していきます。

また使用したマッチングアプリ名も合わせて載せているので参考にしてみてください。

プロフ写真に詐欺写メを使用された

マッチングアプリのプロフィール写真に、別人や過度に加工した写真を使用する男女は多いです。ここではそんな詐欺写メの被害に遭った男女の体験談を紹介しています。

マッチングアプリで写真詐欺に遭った女性当時彼氏がいなかったわたしは、友達の紹介でマッチングアプリを始めることにしました。そして、20歳〜35歳くらいの男性何人かと実際にメッセージにやり取りをするようになりました。その中には、顔写真がとっても好みな男性が居たのです。目は切れ長の二重で、笑顔の写真が本当にイケメンだったので、「なんでこの人がこのアプリやっているんだろう…」と思えるほどでした。そして2週間ほどメッセージのやり取りが続いた頃、食事に誘ってもらえたときはとても嬉しくて、当日も張り切って待ち合わせ場所へ向かいました。少し早くついたので辺りを見回して待っていると、声をかけてきたのは私が知ってる彼とは全然似ても似つかない男性でした。「これが写真詐欺か!!別人すぎる!」と驚いてしまいました。驚きが隠しきれなかったのか、彼の方から「写真とちょっと違うよね。太っちゃって。」と言ってきましたが、太っただけでここまで人の顔は変わるのでしょうか…。正直帰りたい気持ちでしたがそんな事は言い出せず、軽く食事をして帰りました。なんだか騙された気分になってしまい、この日以来マッチングアプリは使っていません。
出会いアプリで写真詐欺に遭った男社会人2年目の遊び盛りの時、マッチングアプリで好みのタイプ(ギャル系)の女子大生とマッチング。出会う約束をして梅田で待ち合わせしました。スクールカーストで1軍にいるタイプの女の子だったので、ワクワクと緊張が入り混じりながらのデートでした。ですが、待ち合わせに登場したのは、別人の地味系女子大生。1軍どころか、3軍、4軍のルックス。正直全くタイプではありませんでした。僕の無意識にがっかりした顔が伝わったのか、「写メと全然違うよね…」と申し訳なさそうな女性。こうなるんなら最初っからあんな詐欺写メ使うなや!と半分怒りがこみ上げましたが、なんとなくデート開始。カフェでお茶してカラオケへ行った後、ラーメンを食べに行きました。そこでは彼女が女子中学生の時に近所のおじさんと付き合っていた話や、大学のアーチェリーサークルの話などをして、健全に夕方に解散。僕が彼女に全く興味がないのとは反対に、彼女は僕に興味を持ったのか、また会ってください、遊んでくださいの一点張り。でももう会うことはしませんでした。マッチングアプリでの詐欺写メ使用はやめましょう。

カッコ良すぎる、可愛すぎるプロフィール写真は、会う前に本当に本人の写真なのかどうか確認してみても良いでしょう。詐欺写メで時間とお金を無駄にすることになります。

詐欺写メ被害にあった男女のマッチングアプリ体験談をもっと読みたい方は、以下タップしてみてください。

マッチングアプリで写真詐欺に遭った男性社会人3年目の時に、彼女欲しさにマッチングアプリに手を出しました。自分と同い年の「25歳の綺麗な女性」で検索かけたところ、うまくマッチングしました。ところがどっこい、実際に会ってみると全然写真と違う女性でした。おしゃれなレストランでディナーをしたのですが、全く好みの顔でないので話しが盛り上がりませんでした。向こうも僕の空気感を感じとったのか冷めた目で僕を見ておりました。初めてのマッチングアプリは失敗に終わりました。
マッチングアプリで詐欺写メ男と出会った女性25歳の時、meeffというアプリで「顔の見た目(写真)の詐称」に遭いました。meeffは外国人と繋がることができるアプリで私は韓国語を勉強していたので韓国人とよくメッセージのやり取りをしていました。実際に何人かの韓国人男性と会うこともありました。ある日同い年の韓国人の男性とアプリ内で出会いメッセージのやり取りをしていたところ、数日後に日本に旅行に来るとのことでした。会話をはじめてすぐに住んでいるところを聞かれていたので、その男性が旅行に来る場所と私の住んでいるところが近いこともあり一緒に観光しようと誘われました。プロフィール写真は暗めではっきりとした顔はわかりませんでしたが、目がくっきりしていてイケメンだと思いました。同い年で会話のノリなどにも親近感があり悪い印象はなかったのと、その頃比較的暇だったこともあり会うことにしました。しかし待ち合わせ場所が定番の駅前などではなく本人が宿泊しているホテル前に指定されたことや、あとどれくらいで着くのかをしつこく聞いてきたことに少しイラッとしながら待ち合わせ場所に向かいました。すると、プロフィール写真からは想像もつかない男性が近づいて来ました。正直顔も声も身長もすべて微妙で全然好きなタイプではありませんでした。でも約束をして会ってしまったので、そのままご飯屋さんやカフェに行きました。今まで出会った韓国の男性はレディーファーストで優しく接してくれたり、自分からご飯代を多めに出してくれたり良い印象がありました。そのせいで少し期待しすぎていたのかもしれませんが、その男性は会話も面白くなくご飯やカフェもきっちり割り勘(お会計自体別々)でタイプでもなかったので全然楽しくありませんでした。それだけではなくデリカシーがないのか会話の中でいちいちイラつくことを言ってきたり初対面で私も少し引き気味なのに距離を詰めてきたり悪い印象しか残りませんでした。正直お金と時間を無駄にしただけだったと思います。一言で言ったら最悪でした。
マッチングアプリでプロフィール写真とは別人の女性に出会った男性ハッピーメールに登録しました。正直本気で恋人見つけてやろうと思ったのですが、完全にセフレを探す目的の人だけしかいないことに驚きました。登録してすぐに2万でお願いしますだのゴムありでお願いしますだのそんなメールばっかりですごくがっかりしました。もうこうなったらと思い一人の可愛げな女性と連絡し合い、会うことにしました目的はSEXです。たしか2万円だったような気がします。20歳の女子大生という事でした。ちなみに私の顔は登録してなかったので相手は知りません。当日コンビニ前で待ち合わせで服装など伝えて向こうから声かけるということで時間前から待ってました。写真通りだたかなりの可愛い子だったので緊張しつつ期待感でいっぱいでした。そのとき一人の女性が声をかけてきました。振り向くと事にいたのは写メとは全くの別人しかもマスク姿(当時はコロナはやってません)。マスク越しでも分かる目元のしわ。これは女子大生じゃないと思いさっきまで緊張していた脳を一瞬で冷静にし「○○さんですか」の問いに違いますっといいました。こんな時のために服の特徴を抽象的に言っていてよかったです。別人のふりしました。結構人通りが多いとこだったのでちょっと様子見て逃げました。そのあと相手から鬼のようなメールが来ました。会う前までの優しい言葉遣いじゃなく、かなり切れてました。このことがきっかけで、もうこのようなアプリは絶対に信用しないと心に誓いました。
マッチングアプリでプロフィールと全く違う女性が出てきて逃げ出した男性29歳の時、ペアーズというアプリでいきなり向こうから「会いませんか?」とメールが届きました。今まで長い時間をかけてメールのやりとりをして失敗していた自分にとって好都合でした。向こうのプロフィールは顔は隠れていましたがブランドの髪がとても綺麗な印象でした。待ち合わせの時間に現れたのは60代のコロンビア出身の方で会うなり「別で三千円でいいよ」と言われたので走って逃げました。やはりメールのやりとりは大切であると実感した一日でした。
マッチングアプリでプロフ写真と全く違う女性と出会った男性Omiaiというマッチングアプリで何度かやり取りをして、実際に会うことになった人がいました。写真を見る限りとてもスレンダーで美人。髪も長くて笑顔が素敵なとても印象のいい女性でした。メッセージのやり取りの際、年齢の話になり、28歳とのことで僕と同い年だねと話題が弾み、その流れで一度ご飯行くことになったのです。しかし待ち合わせ当日、集合場所で待っていると声をかけてきたのは見知らぬちょい太りの女性で、Omiaiの〇〇ですと自己紹介されました。写真とは全く違う別人で、見事に騙されたと思い、その場からすぐに帰りました。

恋活・婚活ではなく性行為を目的としていた

マッチングアプリをヤリモクで使用する男性が多いのは周知の事実。女性にとって好みのタイプの男性ならまだしも、全く好きでもない男性に迫られたらたまったもんではありませんよね。

マッチングアプリでヤリモクに出会った女性29歳のときペアーズというアプリで出会った方です。結婚を意識したお付き合いがしたい、とおっしゃっている36歳の方で外見はまあまあな感じではありました。初めて会うということでカフェを予約していましたが、ランチ後にもう一軒お茶でも……ということになり街をぶらぶらしていました。お互いお酒が好きということはわかっていましたが、そのままやや強引に昼飲みに連れて行かれました。どんどんお酒を注がれ、シモネタとボディータッチが酷くなり『結婚するなら今すぐ身体の相性を確かめなければ』『29歳なんて女としてギリギリ』と初対面で昼間なのにホテルに連れて行かれそうになりました。全く人間関係を作る気がないヤリモクだったんだなと思って逃げました。

基本的にヤリモク被害に遭うのは毎回女性側。以下ではその他多くの女性のヤリモク男性と出会った体験談を紹介しているので、気になる方はタップして読み進めてみてください。

マッチングアプリでヤリモクに出会った女性大学で付き合っていた彼にフラれた23歳の夏、思い切って登録したWithというマッチングアプリでヤリ目被害に遭いました。 爽やかな印象で、大手企業に勤務しており、彼から告白してきたんです。 恋人になって3回目のデートで遊園地に行き、手をつないでパークをまわった後、「まだ離れたくない」と言われ、彼の家へ行くことに…。 「ずっと大事にしたい」「二人で幸せになろう」という彼の言葉に浮かれ、身体を許してしまいました。 しかし、行為後、人が変わったかのように不機嫌な態度をし、「早く帰ってほしい」と、深夜、家を追い出されました。 翌日、「やっぱり、もっとお互いを知ってから付き合おう」とのメールが。 ここで、わたしは騙されていたのだと気づきました。 冷静に判断できなかった自分が腹立たしいです。相手を見極めることが重要だといい勉強になりました。
マッチングアプリでやりたいだけの男と出会った女性withというアプリを使って出会った人がいましたが、恋活/婚活ではなく性行為を目的としていた人でした。歳が同じということで意気投合し、池袋で会うことになりました。わたしはお昼にお茶でもと考えていましたが、相手がどうしても飲みたいとしつこいので、夜18時に待ち合わせをしました。はじめは和やかな雰囲気でしたが、次第に必要以上にお酒を煽ってくるので警戒していました。話の内容も下ネタが増え、つまらなかったので早めにお店を出ることに。すると「少しお茶でもしていこう」と言い出しました。早く帰りたかったので何度も断りましたが、北口に夜もやっているカフェがあるとしつこく言い寄られ、仕方なく着いて行くことに。最終的に行き着いたのはラブホ街のど真ん中!そんなところにカフェなどある訳もなく、「休憩だけ…」としつこく迫られましたが、無言で帰りました。飲んだあと、さっさと帰れば良かったものの…時間を無駄にしたなぁと思う経験です。
マッチングアプリで嘘ばかりのヤリモク男に出会った女性22歳のとき、マッチアラームというアプリで、共通の趣味を持っていることについて嘘をつかれました。車好きという趣味で意気投合し、たまたま同じ車種を所有していたのでお会いすることになったのですが、点検に出している、や、家族に貸しているという言い訳で、2回会っても見せてくれないまま挙げ句の果てにはホテル街に連れて行かれそうになったことがあります。実際は同じ車を所有しているというのは真っ赤な嘘で性目的の人でした。
マッチングアプリで知り合った男性との初回のデートでラブホテルに誘われた女性ペアーズというマッチングアプリを使用して、マッチングした方とデートした時のことです。私は30歳、相手は32歳。土曜日の夕方から食事をしようということで、新宿待ち合わせし、初めて相手と会いました。顔が好きなタイプだったため、実際に会った時もお互いプロフィール画像通りだったため、違和感はなかったです。2人で食事に行き、終始笑いが絶えず楽しかったのですが、時折私の容姿を褒めてくださり、有難いと思いつつも何か違和感がありました。食事が終わり、駅に向かおうとしたところ、ラブホに誘われました。勿論行きませんでしたが、2度目のデートも勿論無かったです。
マッチングアプリで性的目的の男性に出会った女性27歳の時、東カレデートというアプリである一人の男性に出会いました。東カレデートはハイスペックな男性が多いと有名なアプリですが、メッセージのやり取りを数回した男性と初めて会うことに、、、。その男性は大手商社に勤めていて見た目も普通よりはかっこいい人でした。オシャレで落ち着いたご飯屋さんを予約してくれていて、第一印象はとても良かったのですが、、、。話しているうちに、とんでもなくナルシストなことに気づきます。ことあるごとに鏡を見ます。だんだんその行為にうんざりしてきて、帰ろうとすると、、彼は一言いいました。「泊まろう」と。断るとすごいかわいいし性格もいいけど飯食ってるだけじゃ好きにならない、俺の彼女になるなら体の相性も確かめようと言われました。笑 逆に泊まったら好きになることある?と体目的だったことを残念に思いました。せっかくハイスペックだし、見た目も悪くないのになんか勘違いしちゃってるなと思いました。
マッチングアプリでヤリモク男に無理矢理犯された女性24歳の時、友達に暇つぶしにやってみなよと紹介された、”タップル”というアプリで「恋活ではなく性行為を目的としていた」に遭いました。金曜の夜に下北沢で飲みに行こうよと誘われ、飲みに行きました。飲みの席では対面で座れば話しやすいのにやたらと隣に座ろうとしてきたり、手を触ってきたりしました。気持ち悪いなと思いつつも、その場は耐えていました。1時間ほどで居酒屋を出た後、相手から美容について学びたいのであれば一緒に来てくれれば教えてあげるし、もし良かったら気に入った美容品あればあげるよ!家近いしどうかな?と誘ってきました。相手は美容に興味ある美容男子で私は美容に興味あるが、まったくしていないということを会う前から話していたので、善意でやってくれるものだと思ったので、何の疑いもせずに彼の家に行くことになりました。しかし、先程、家が近いと言ったのにも関わらず、20分以上歩かされました。また、家に入った途端、美容について教えるなどなく、いきなり押し倒してきて性行為を求めてきました。私はそんな目的じゃなかったので抵抗を何度もしていたのですが、相手の力が強く、押し負けてしまい、結局最後までされてしまいました。相手は2回戦もしようと誘ってきましたが、私は1回してしまったが、ここから意地でも帰りたいと思い、彼の言うことを無視して家を出てきました。彼も悪かったと思ったのか、駅まで一緒に連れて行ってくれましたが、ヤリモクだったのか聞くと、もちろんそうに決まっていると悪びれもなく言っていたのには呆れました…。また遊ぼうね!連絡絶対してね!と言われ、できたらね!と相槌を打ちましたが、二度とこんなヤリモク男子には連絡しないと決意しました。結局、美容について教えてくれなかったので会って、損をしました…。

ネットワークビジネスや投資詐欺への勧誘

色恋とネットワークビジネス、詐欺、宗教の勧誘は切ってはきれない関係があります。事実、マッチングアプリ内での勧誘被害も後を絶ちません。

マッチングアプリでネットワークビジネスの勧誘に遭った女性27歳の時、タップルというアプリで「ネットワークビジネスの勧誘」に合いました。やたら顔の整った男性からマッチングしてすぐに「直接会って話したい」と言われ、食事をしてからカフェに移動。飲みじゃないパターンは珍しいなと思っているとネットワークビジネスの話が始まりました。噂には聞いていましたが実際に勧誘に合うのは初めてだったのでじっくり話を聞いてみました。もちろん入会はしていませんし、今では良い話のネタになっています。
マッチングアプリでネットワークビジネスの勧誘に遭った男性23歳の頃、mixi運営のマッチングアプリ「YYC」で、出会いと称してネットワークビジネスの勧誘に会いました。相手は同じようなアーティストが好きで音楽での話が会い、更にはナースで中々出会いがないという事で期待してアポをとりました。当日になって急に友達もつれていいかと言われて少しおかしいなと思いながらも了承しました。最初に喫茶店に入り、いろいろと話し込んでいく間に給料の話になりました。給料が安いような話をしたところ、いきなり連れの女性が資料を取り出してビジネストークでネットワークビジネスの話をし始めたのでした。最初からどうやらネットでひっかけた男を勧誘し、カモにするつもりだったみたいです。出会い系などいろいろ使っていて詐欺と詐欺じゃない人との見分け方くらいは余裕で出来ると思っていたので、さすがにがっかりしてしまいました。

マッチングアプリで遭ったトラブルとして、男女ともに多く声が上がりました。もっと体験談を読みたい方は以下タップしてお進みください。

マッチングアプリでマルチ商法の勧誘に遭った女性私が当時26歳の頃、出会いが欲しくてTinderというアプリを活用していました。その中で自分の好みの男性と知り合い、連絡を取るようになりました。連絡を取り合う中で、自然とお互いをいいな!と感じるようになり、実際に会う形となりました。会った印象も良く、この後2回デートをしました。このまま付き合ってもいいな〜と思っていたのですが…3回目に会う約束をする連絡で、会ってほしい人がいるんだと言われました。私は仲のいい友達かな?と思い、大丈夫だと返信し、友達を含めて3人で会う形になりました。楽しくお話しているのも束の間、急に話が「大きな夢はないの?」「人生1回、ビックドリーム掴みたくない?」などの内容に変わっていきました。これはまさか!と思った通り、マルチ商法の勧誘でした。知人とグルで勧誘をしたかったみたいであり、つまらない話を熱く語られました。その場をうまく受け流し、解散後はその男を即ブロックしてやりました。実は私、マルチ商法の紹介をされた経験がこの時点で3回あり、これで4回目となりました。私はマルチ商法に勧誘されやすい性質を持っているのでしょうかね?この経験がある意味ショックでした。
マッチングアプリでマルチ商法の勧誘に3度も遭った男性マッチングアプリでも大手の『Pairs』というアプリを28歳の時に利用しました。プールサイドを背景にお洒落な写真や、旅行の写真、パーティに参加するようなドレスルックの素敵な写真をプロフィールに載せている方とマッチング。会ってみても、明るくポジティブな思考の持ち主の方で話も弾み意気投合、かと思いきや、話の途中からネットビジネスの話が始まりました。その後、「自分を助けてくれている先生のような人がいるから会ってみないか」とのこと。マッチングアプリで結婚することができましたが、今のパートナーと出会うまでに3人と会い、全員がネットビジネスの勧誘でした。妻と会えたのは本当にたまたまに思いました。
マッチングアプリでマルチビジネスの勧誘に遭った女性26歳の時、Omiaiというアプリで「マルチビジネスの勧誘のトラブル」に遭いました。見た目は普通のサラリーマンで「出会いがないんですよね、友達でもいいから交流を増やしたい」というようなことを言っていたのですが、「もう少しお金があれば海外旅行に行けると思わない?」というようなハードルの低いトークから始め「会って欲しい人がいるんだよね」というところまで行きました。これはまずいと思い、トイレに行ったフリをして逃げ、連絡先を拒否しましたが面倒な体験だったと思います。
マッチングアプリで投資詐欺に遭った男性25歳の時、YYCというアプリで「競馬投資詐欺ソフト」を買わされそうになりました。 広末涼子似の清楚系で3歳年上のお姉さまとマッチング。 何通かメッセージ交換をし、相手から「電話で話しませんか?」と。 何の疑いもなく、電話番号を交換し、相手から着信。 一時間ほど好きな映画や音楽の話をし、乗ってみたい車の話から貯金の話になり「競馬で資産運用しませんか?」と。怪しさ満載だったのでその場では丁重にお断りし、電話後調べてみると「競馬投資詐欺ソフトに要注意!」「ねずみ講式の販売網で大学生が被害に」などの記事がずらり。いろいろ妄想していただけに物凄い虚無感に襲われました。

待ち合わせの約束すっぽかし・ドタキャン

マッチングアプリでやっとの思いでデートの約束を取り付けて、待ち合わせ場所で待てど暮らせど相手はこない…。こんな悲しいことは他にあるでしょうか(いや、ない)。主に女性側がすっぽかすパターンがほとんどです。被害者はいつも男性。

マッチングアプリで約束をすっぽかされた男性自分は過去に彼女ができない期間が長い時があり、その時の歳が25歳くらいだったと思います。その時は確か冬時期くらいでどうしても彼女が欲しくてたまりませんでした。今のご時世いろいろなマッチングアプリがありますが。その時に使ったアプリが出会いwithでした。初めての出会い系だったので本当に出会えるのかと疑っていました。アプリで調べてみると結構いろんな女の子が登録しており、自分は顔が好みの子がいたのでその子にメッセージを送り連絡を取るようになり、ある日会うことになり待ち合わせをしました。しかし、その子は2時間待っても来ることがなく結果連絡も取れなくなりました。自分の感想的にはやっぱり会える確率は低いのかと思い、その後利用することはなくまりました。都会ならまだしも、田舎はなかなか難しいと思います。

他のすっぽかされた体験談も紹介しています。気になる方は以下タップしてみてください。

マッチングアプリで約束のすっぽかし(ドタキャン)に遭った男性24歳の時、ペアーズというアプリで知り合った女性にデートを「すっぽかし/ドタキャン」をされました。アプリでの写真はすごいかわいらしい女性で、年齢は同い年くらいの女性とマッチングしました。メッセージのやり取りを進めていき会う約束を取り付けることがでました。約束場所は新宿で、土曜日の13時ごろに待ち合わせをしました。この時点ではまだLINEを交換していなかったので、アプリ上でのやりとりでした。当日の午前中から「今日はよろしく」といったメッセージを送っていましたが、返事がありませんでした。おかしいなと思いながらもわずかな期待を持ちながら新宿に向かいました。待ち合わせ時間近くになり再度メッセージを送りましたが全く返信がなく。結局待ち合わせ時間を過ぎても連絡が来ることはありませんでした。
マッチングアプリで出会う約束をすっぽかされた男性24歳の時に初めてマッチングアプリという物を利用し、「すっぽかし/ドタキャン」に遭いました。その時は、「YYC」という老舗マッチングアプリを利用しており、メッセージ一通送るごとに課金が必要な形式でしたので、手ごたえの濃厚な方とだけ連絡を取り合っていました。結果、一名の方とお会いすることとなり不安な私は事件に巻き込まれないようにと、人通りの多い駅前を待ち合わせ場所に設定しました。相手方からは、当日はディナーと夜景との希望を聞いていたので、おしゃれなレストランの予約と夜景スポットの手配をし当日を迎えました。当日、時間より30分ほど早く待ち合わせ場所に行き、相手を待っていましたが定刻になっても相手は居ませんでした。騙されたと思いアプリで連絡を入れたところ、遅れてしまうとの謝罪連絡がありもう少し待ちましたが、1時間待てど暮らせど現れることはなく、結果初めてのマッチングアプリの経験が悲しい気持ちで終わってしまいました。

恋人や配偶者の有無の詐称

マッチングアプリで不倫相手にされそうになった女性26歳の時に、ペアーズというアプリで「恋人や配偶者の有無の詐称」にあいました。男性側から、彼氏はいるのー?と聞かれたので、内心彼氏いたらアプリやってないよと思いつつ、「いないですよー!彼女いるんですか?」とお決まりの会話をして、相手も彼女いないと返事をいただきました。しかし、その後色々やりとりをしていきいざ会ったら、確かに彼女はいないけれど、奥さんはいるということがわかりました。確かに奥さんは彼女じゃないもんな…と思い、それ以降連絡を取り合った男性には、「彼女や奥さんはいないよね?」と、聞くようになりました。

マッチングアプリで知らぬ間に不倫相手になってしまった女性30歳の時、タップル誕生というアプリで出会った男性が既婚者でした。もちろん、独身だけが登録できるアプリですが、そもそも身分証明の登録だけでは独身や既婚かは分からないので、後々考えればアプリ側が強化して欲しいと感じましたが、当時の私は「登録している=独身」だと信じていました。マッチングしたあと、数回のデートを重ね、付き合うことになりましたが、家には行けないし、週末もなかなか忙しくて会えないというのとろで、少し不安になっていたところに、相手の奥様から連絡が来ました。そこではじめて、既婚者だと言うことを知り、私は知らぬ間に不倫相手になっていることに気がつきました。それからは全く連絡を取らないようにしました。その相手男性は、自らも独身だと言っていたので、簡単に見知らぬ人だった人のことを信頼することの怖さを知りました。
マッチングアプリで薬指にリングをした男性と出会った女性18歳の時にTinderというアプリで出会った方なのですが、年齢がかなり上だという事は知っていたのですが、私は気にしないで行った所まさかの既婚者で私と会うにも関わらず指輪をつけていました。その場では私は何も触れなかったのですがまた会おうと言われたその場を流し後日丁重にお断りした所、かなり激昂された様子でなぜ私は怒られているのだろうという気分になりました。もしその場で次回予定を断っていたらと思うと少し怖くなった経験です。
マッチングアプリで妻子持ちの男性に出会った女性23歳の時にペアーズというアプリで出会った男性がいましたが既婚者でした。初めて会った時に未婚であると言われその後も何回もデートを重ねていました。デートの予定はいつも私の予定に合わせてくれていたのでフットワークが軽く、その時は疑いませんでした。ある日彼の家に行きたいというとあからさまにソワソワし始めたのでこれは怪しと思い友達に相談しました。そこで友達が彼のFacebookを探し出しアイコンを見ると、赤ちゃんを抱っこしている写真でした。鳥肌が立ちました。後日、強く問い詰めたら白状したので顔面に水をぶっかけてやりました。関係を断ち切れてスッキリしました。
マッチングアプリで妻子持ちの男性と出会った女性マッチングアプリのワクワクメールで、既婚者の男性と知らずに2度もデートしてしまいました。土日祝などの休日には出会えず、会えるのは平日の夕方ばかりで怪しいなと思って問い詰めたのですが、案の定妻子持ちの男性でした。男の余裕というか、包容力がハンパなかったのはそういうわけか…と妙に納得した自分がいました。知らず知らずのうちに不倫関係になって奥さんから詰められたりしなくて本当に良かったです。アプリの出会いでは相手の素性が全くわからない上に相手は隠そうとしてくるので気をつけた方がいいですね。

年齢詐称

マッチングアプリで何もかも嘘のプロフィールの女性と出会った男性23歳の時にハッピーメールというアプリで知り合った女性と会ったのですが、年齢詐称とともに、アプリに出てた顔写真と全然違く、さらに日本人じゃない人と出会いました。その人とはアプリの中でやり取りしてて住んでるところが近いとのことだったので相手の女性が家に来てほしいということで住所を教えてもらいその人の住んでるマンションまで行きました。マンションの前についてインターホンを鳴らすと出てきたのはアプリで見た人とは全然違う人。見た目も、アプリでは23歳と書いていたのに実際は30代後半くらいでしかも日本人じゃなく、東南アジア系の顔。日本語も片言だったので怖くなって部屋に入らず忘れ物をしたと行ってとっさに逃げました。この経験からマッチングアプリをやらなくなりました。
マッチングアプリで年齢詐称に遭った女性アオッカっと言うマッチングアプリで、ありえない年齢詐称の男性と会いました。私は30代から40代くらいの男性と会いたかったのですが、私にメールくれたからが45歳でした。ちょうどよいかなと思いながらやり取りをしてランチに行く約束をして待ち合わせ場所でいたら私の横に車が停まりました。窓を開けて「〇〇さん?」と聞かれました。私は仮名の名まえだったので、声を掛けてきたのが、お爺さんだったので返事はしませんでしたが、仮名で言うのはアオッカの人しか居ないので一瞬、意味がわからなくなりましたが、私は「あの…アオッカの〇〇さん?」と声をかけたら、その人でした。えー、45歳って…どうみても 60代後半でしょう?と思いましたが、とりあえずランチに行こうと誘われたから、まっランチならいいか!と車に乗ったら、手を握られました、私はビックリして許否したら胸を触ってきたり太股を触ってきたりして嫌な気分になり車から降りようとしたら、いきなりキスをしてきてシートを倒して首を攻めてきました。私は気持ち悪いので「あのー本当の年齢は?」と聞いたら、「年齢なんて関係ないよ、やろうよ、」と言われて、私はぶちギレて車を降りてバンッって思いきりドアを閉めて車に戻り帰りました。とにかくイライラしたんです。例えば、もう少し品のあるお爺さんなら年齢詐称でも我慢は出来ましたが下品で常識はずれのお爺さんだったので腹が立ちました。家に帰ってきて、とにかく腹が立ち、お爺さんにメールしました。「お互いがそれぞれワクワクした気持ちで会いに行くのだから常識はずれはやめないさい」ってメールして、少しは落ち着いたんですが夜にお風呂に入って鏡をみたら首に割りと大きいキスマークがついてて…普通キスマークつけるか!と思いながら、またイライラしてきた体験です。初対面だからこそマナーエチケットが必要なのに。
マッチングアプリで年齢詐称のおばさんに出会った男性32歳の時ワクワクメールというアプリで「年齢詐欺」の女性に会いました。30代前半ということで、アプリ内でお互いの連絡先を交換し1週間ほどで待ち合わせの約束をしました。当日は福岡のイオンモールで待ち合わせをしたのですが、実際に現れたのはどう見ても40代半ばを過ぎたオバサンでした。厚化粧でごまかしているようでしたが、小皺が浮かんでバレバレでした。私自身が幼く見える顔立ちの為ならんで歩くと親子のように見えて恥ずかしい思いをしました。流石に無視する訳にもいかず一緒に食事まではしましたがその後は流石にメールを続ける気にはなれず、お断りしました。

職業・役職詐称

マッチングアプリで職業詐称、プロフィール詐称男と出会った女性20歳のころにペアーズのアプリを使い恋人探しをしていました。お互い顔写真は会った時に直接見たいと話しており写真は見せていなかったです。トーク内容は普通で優しく素敵な気の使える方だと思っていました。職業が似たような職種だったため話が合うねと言い合っていました。彼は正社員だと言っていたためそれを信じて直接会う日が来ました。その時に知ったのですが本当は正社員ではなくニートとして在宅をしていて年収なども全てうそだと知りました。ニートに偏見はありませんが嘘をついたことが本当に信頼を失くしてしまいこの人とは無理だと思いました。本当のことを言ってくれていたらそこを含めて付き合った今後のことも話せていたのに嘘をつかれていたことから全てうそに感じてしまい一度会ってからはもう会っていません。

マッチングアプリで騙された女性24歳の時、ペアーズというマッチングアプリで出会った男性が「写真の詐称」「プロフィール詐称」「ビジネス勧誘」でした…。写真に関しては、はっきり顔の見えるものでもなかったし好みの見た目というわけでもなかったので、写真写りが悪かったり数年前のものだったり?と前向きにとらえたのですが、仕事の休みがプロフィールでは水・木なのに実際は不定休で工場勤務だから遅番と早番があるとか、お酒は飲まないという条件だったので気に入ったのですが会っていきなりビールを頼んで飲み出したり。あれ?と思ったのですが話がおもしろかったのでので、二回目の約束もしました。そのときには、先輩だというハーフの男性を呼ばれていて、その先輩がいかに素晴らしい人なのかを語りだし、先輩も自分がどんな経験をして、そこからこうして這い上がったと、何やら怪しげなセミナーを薦めてくるのです。確かに当時の私は悩んでいましたが、そんな怪しげなセミナーに参加する気もなく、しかし何を言っても「まあ、ゆっくり考えて」と言われるばかり…。怖くなって、どうしよう、と思ったところで、友人から「今他の友だちと御飯食べてるけど来る?」と電話が入り、私はとっさに「友だちが酔いつぶれちゃって危ないので、迎えに行きますね!ごめんなさい!」と半ば強引に離席しました。その後すぐに「悩みを聞いてくれてたすけたいと思ってくれてありがとう。でも自分の力を試したいので、まずは自力でやっています」とオブラートに包んだLINEを送ってブロックしました。その後も何もないのでホッとしましたが、たまたま質の悪い男に引っかかってしまったとはいえ、もうマッチングアプリはこりごりです。
マッチングアプリで職業経歴詐称の男性に出会った女性マッチングアプリで婚活をしているとき、3個年上の方からイイネをもらいお誘いがあったので、早速会ってみることになりました。職業欄には「薬品関係」とあったので、薬剤師の方なのかな。と思い特に気にせずお会いしました。実際会ってみると実際の歳よりとても若く見えお土産もいただきいいなと思ったのですが、仕事の話題になると大人しくなってしまいおかしいな。と思い詳しくきいてみると現在無職との事でした。薬品関係とななんですか?と聞くと以前薬局で派遣の仕事をしていたのでそう記入したそうです。そのまま1度お会いしたのみでフェードアウトしました。

ストーカーや、ストーカーまがいの行為

マッチングアプリでストーカーに遭いそうになった女性27歳の時にペアーズというマッチングアプリで出会って、数日メッセージ交換をした後、一度お茶をした男性からしつこく連絡がくるトラブルにあいました。カフェでコーヒーとデザートをごちそうしていただいたのですが、私とはあまりあわないかなと思ったので、帰宅後メールにて丁重にお断りをしました。そうすると、なぜ気に入らなかったのか、どこがどう合わないと思ったのか、何がいけないのかとしつこく連絡が来るようになってしまいました。

マッチングアプリで出会った男性にストーカー行為をされた女性32歳のとき出会い系アプリのペアーズを使って出会った人にストーカーまがいな行為をされ怖い思いをしました。数日間メッセージでやり取りをした後直接メールでやりとりをするようになりました。電話でも話したところ気が合って楽しかったので実際に会うことにしました。待ち合わせをして、ランチをして街をブラブラしているとホテル街の方へ行こうとするので断ってその日は解散しました。帰宅してからメールが返事をしていないのに10件ほど届き内容を見ると私への好意の言葉が並んでいました。一度しか会っていないのにものすごい執着している感じが気持ち悪かったので、まだそういう対象では見れないと返信をすると、「本当は俺のこと好きなんだろう?」「こんなに愛されたのが初めてだから怖くなっちゃった?」等気持ち悪い内容のメールが何十件も来ました。怖くなってメールをブロックすると電話がずっと鳴っていました。電話もブロックすると今度はPCからメールを送信してきました。ずっと無視をしていましたが日中もずっと送られて1日に100件以上のメールがきていました。あまりに気持ち悪いのでこれ以上行為が続くようなら警察に相談すると返信をすると、長文で文句のメールは来ましたがそれ以来連絡がくることはなくなりました。もし住所や職場等を教えていたらどうなっていたんだろうと怖くなりました。会う前に自分のことを細かく話したり、実際に会ってからも相手がどんな人か分かるまでは個人情報は隠していた方がいいと思います。

暴力・暴言・押し付け

マッチングアプリで男性に逆ギレされ暴言を吐かれた女性tinderで出会った男性のなかでもイラっとした人を紹介します。27歳のカーデザイナーをしているという彼とアプリ内で2週間ほどやりとりをして実際に会うことになりました。プロフィール写真は私の好きな彫りの深いイケメン。かなり期待していました。当日待ち合わせ場所である渋谷のTSUTAYAに行くと、約束の5分前に「今日会う予定だったよね?」という確認のメッセージが来ました。「そうだよ」と返すと「10分くらい遅れる」と言われて待っていましたが姿を現せず、ドタキャンされたかなと思い近くのカフェで一息ついていたところ彼からLINE通話がかかってきました。出てみると「どこにいるんだよ!」といきなりすごまれました。人のこと待たせておいてこの態度は無いなと思い「来ないと思って帰っちゃった」と言ったら「俺をなめんな」とお怒りモードになったので怖すぎて即ブロックしましたが、しばらくの間は怖すぎてカフェから出られなかったです。

マッチングアプリで価値観の押し付けに遭った女性ペアーズというアプリで出会った方の話です。3歳年上の自営業をされている方でした。初回からとても情熱的でメッセージの文字量も多く最初は好感を持てたのですが、いざ会ってみると間違った私についての思い込みを爆発させていて、「こういうの好きだよね?」(※別に好きではないです)や「こういうところで女子は買い物したがるんでしょ?」(※私はその女子に該当していない)など…まあ決めつけが酷くうんざりしました。一度会ってからのLINEがまた強烈で、最初に感じた熱意が悪い方向へ向かってしまったのか…私が少しでも相手の意図しない言動をすると長文で考えなおさせようとしてくるのです。レシートかよと思うような長文の嵐。流石に怖くなってブロックして2度と会うことは無かったのですが、ああいう人もいるのだととても勉強になりました…。「ご主人様の言うことは聞かないと駄目だよね?」このLINEの一文は今思い出しても鳥肌が立ちます。一回しか会ってないのになぁ…。

体型詐称

マッチングアプリで女性の体型詐称に遭った男性30歳の時に婚活アプリのOmiaiでマッチングした女性と会いました。プロフィール写真はオシャレなアート写真のような雰囲気ですらっとした妖艶な感じの25歳の女性でした。写真からの推定体重40キロ台くらいの風貌です。待ち合わせすると、向こうから声を掛けてくるまで気付かないレベルの推定体重70キロくらいの太った別人でした。プレゼントをねだってきたり、食事代を奢らせようとしてきたのですがやんわり断ると最後は不機嫌に帰って行きました。帰宅後アプリのプロフィールを確認すると写真の縦横比を大幅にいじっていた事が分かり安易に会って時間を無駄にした自分を責めました。
マッチングアプリでヤリモク男と出会った女性40歳の時にpairsのアプリで知り合った方といい感じだったので、近所だし会いましょうとなって待ち合わせしたんですが…写真の体型とは全く違う100キロほどありそうな巨漢の男性でした。カフェで待ち合わせしてたんですが、人が多いから車でドライブしながら話をしようと言われ、怖いなぁと思いながら車に乗ったんです。ちょいちょい腕を触ってきたり明らかにヤリモクの人でした。ホテルにも誘われましたが、頑なに断ったら諦めてくれたのでホッとして帰りました。帰り際にその気になったらまた連絡ちょうだいと言われましたが即ブロックしました。

金銭の要求、恐喝

マッチングアプリで美人局に脅された男性マッチングアプリのティンダーで自称20歳の女性と出会えました。大阪の梅田駅で待ち合わせをしており、出会った時には非常に可愛い人で一目惚れでした。その日にホテルに行けたのですが、やる事をやって帰る時にホテルを出たら痩せ型の男が声を掛けてきました。「俺の妻に何をしている?」と言ってきてかなり焦りました。美人局でハメられたとすぐに分かりました。その場で「そんな事は聞いてないけど、とりあえず出るとこ出ようか」と強気に発言して押していくと相手は困った感じになり、「家庭持ちならこんな事するなよ」と女に吐き出してそのまま帰る事ができました

金品や現金の盗難・窃盗

マッチングアプリで財布から現金を抜き取られた男性Tinderで女性と出会う約束になりました。アプリを通じて初めて会いましたが話が盛り上がり、カラオケに行きました。30歳と年上でしたが会話も楽しくすごく居心地のよかったです。その後は、ホテルに行くことになりました。渋谷ということもあり近くにホテルがありましたので充実した時間を過ごしたと思っていました。しかし、体の関係が終わって家に帰ると帰るとお金が抜かれていました。3万円入れていたが、2万円もスられたことになりました。すぐに問いただそうと思い連絡しましたが音信不通になりました。結局お金目的で会うことになりました。

他人へのなりすまし

マッチングアプリで他人の成りすまし被害に遭った男性20歳の時に、ハッピーメールっというアプリで起こったトラブルです。やり取りを1週間ほどしていた女子大生がいたのですが、とうとう会う事になって週末にデートをする約束をしたのですが問題はそこで起きました。デートには女子大生の子が来たのですが、明らかにメールでやり取りしていた雰囲気とサムネの子と違っていて直接聞くには少々失礼だと思ったので一旦保留にしてその話題を後ほど聞こうと放置しました。そこでまずデートの方をそのまま行こうとしたのですが、彼女が向かいたかったその先にはラブホがありまして、ここで少し嫌な予感を感じました。ラブホの前につくと彼女からこう言う風な感じで言われました「実は1週間やりとりしていた子は別の人自体で、会う約束になったら私が出向いて援交でお金を稼いでるんです。多分薄々さっき会ってから気が付いてたと思うから先に言うたんだけどそれでも手伝ってくれますか?」と言われました。その時点で自分は呆れたので帰りましたが、やり取りしている人と会う人が同一人物だとは限らないので気を付けて下さい。

知人と知らぬ間にマッチング

マッチングアプリで男友達と知らずにマッチングしてしまった女性20歳の頃、彼氏が欲しくなりTinderというアプリを使い始めたのですが、「会ってみたら知り合いだった」と言う事件が起こりました。彼の写真は横顔を写した写真で、アプリ内では趣味の話で盛り上がって、とてもいい感じになったので会ってみることにしたんです。そして、当日集合場所にいくと、どう見ても知り合いで、特に仲のいい学校の友達が立っていたんです。私は、周りの友達にも伝えずこのアプリを使っておりバレたくなかったため、その場でドタキャンして帰りました。

共通の知人に出会ってしまった

マッチングアプリで共通の知人に出会ってしまった女性20歳の頃、彼氏が欲しかった私はTinderというアプリで出会いを探していました。積極的に気になった人とは会って食事に行くといことを行っていました。アプリを使い始めて数ヶ月たった頃、その日もアプリで知り合った男性とデートで渋谷をぶらぶらお散歩していました。すると、途中で偶然彼の友達に会いました。私はあれ?この人なんか見たことあるなぁと思ったと同時に私は思い出しました。その彼とはTinderで出会い数ヶ月前に一夜を共にした彼でした。それはもう気まずい空気でした。

詐欺サイトへの誘導

マッチングアプリで詐欺サイトに誘導されそうになった男性ペアーズのアプリを利用して20歳の女性とマッチングしました。非常に早い段階でタメ口を始めて少し無礼を感じたものの、会話のレスポンスはよかったので話を継続しました。LINEの移行も済んだところでお互いの写真をみせることになり、相手からセルフィ—サイトのリンクを送り付けられました。まもなくしてLINEの会話が途切れたところ、さきほどのサイトを経由してメッセージが届き、ふたたび連絡先を交換することに。ところがこのサイトで連絡先を交換するためにはクレジットカードで課金する必要があり、さきほどのペアーズに戻って交換すればいいものを「私も課金したから」と課金をせかすような旨が届きました。この段階で相手との交流を切りました。

性病に感染した

マッチングアプリで性病に感染した男性当日付き合っていた彼女と別れて、25歳の時Pairsを初めて利用しました。そこで会った年上の女性と意気投合しました。職業に釣られるような男性は嫌だったという彼女の職業は何と元CA。はっきりした目鼻立ちに長身、そして聡明。内心ガッツポーズでしたが、お互いに恋仲という感じではなく、何となく体の関係になりました。会わなくなって数週間後。股間に感じたことのない鈍痛が起き始めました。恐る恐る泌尿器科を受診すると、しっかりと性病になっていました。そういえば彼女、誰とでもやっちゃうと言っていたので彼女にはしたくないのだと思ったことを思い出しました。綺麗な花には棘がある。ほろ苦いマッチングアプリデビューになりました。

マッチングアプリは怖い!?事件まとめ

マッチングアプリで遭遇したトラブルの1位は男女で全く違う結果になりました。

中でも詐欺写メは日常茶飯事の項目なので、実際に会うまでは相手のルックスを過度に期待しないことをおすすめします。

また、マッチングアプリとはそもそも素性のわからない相手と知り合うアプリですので、恋活や婚活目的で利用する際には細心の注意を払うことをおすすめします。

一方で、マッチングアプリで出会えた異性と幸せな交際・結婚をしたカップルも数多くいらっしゃるので、出会い方云々以前に相性なのだと筆者は思います。